店舗によってさまざまなデザインがあり、清潔感が重視されているパチンコ店の制服

2016年12月14日


店舗によってさまざまなデザインがあり、清潔感が重視されているパチンコ店の制服

パチンコ店の制服と一口に言いますが、各チェーンや店舗ごとに独自のユニフォームを用意している場合が多いので、実際には、それぞれ特徴が違っています。
ただ、最もベーシックな制服としては、白いワイシャツにグレーや紺、黒など落ち着いた色のベスト、黒の靴下や革靴を身に着け、男性の場合はネクタイと黒いズボン、女性の場合はリボンと黒いスカートを身に着けたスタイルが挙げられます。
店舗側からユニフォームの貸与や支給がない店舗では、自前でこのような服装を用意して来るよう指示されることが多いでしょう。
オリジナルのユニフォームを用意している店舗の場合、ベーシックな制服に比べて、中に着るワイシャツの色が白無地ではなかったり、ベストに赤やピンクなど派手な色が取り入れられていたり、チェック柄やライン等が随所に取り入れられていてデザイン性が高められていたりします。
ラフなスタイルの店舗である場合や夏場などの暑い時期には、ベストの着用がない場合もありますし、そもそもワイシャツではなくオリジナルTシャツやポロシャツなどを着用する場合もあるのです。

ちなみに、各店舗にある程度共通して言えるのは、女性スタッフのスカート丈は短めであるということです。

落ち着いた雰囲気の店舗では膝丈程度の場合もありますが、多くの場合は太もも丈のミニスカートになっています。
そんなに短くては、ドル箱の積み下ろし作業などで屈む姿勢になった際に下着が見えてしまうのでは、と不安に思うかもしれません。
しかし、スカートの中に黒スパッツを着用していたり、スカートに見えるけれど内部は実はキュロットになっていたりするので、そのような心配は無用なのです。

それから、デザイン以外の面では、パチンコ店の制服は清潔感がとても重要視されています。

パチンコ店のホールで働くスタッフの場合は特に、お客様のお傍へ寄って接客をする機会が多々あります。
そういう時に、シャツにシワが寄っていたり、汗や香水などの臭いがキツかったりすると、お客様に不快な思いをさせてしまうことになるでしょう。
ですから、服装指導はしっかり行う店舗が多く、制服のクリーニングを店舗側で一括で行うようにしている店舗もあります。

GENKI スタッフ
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年