転職・就職支援講座 身だしなみ

面接時にまず気をつけたいのが身だしなみです。
もちろん、あなたのやる気や人柄、今までの経験や能力など、企業の面接官の方が重視する ポイントは様々ですが、はじめて顔をあわせる面接時にはそれなりの心がまえ・準備をしていくことが大切です。
身だしなみ一つでも、あなたに好印象・悪印象をもたれる可能性があるのですから、気をぬくわけにはいきません。

それでは、面接時の身だしなみにおけるポイントを確認しましょう。

清潔感のある服装

一言でいってしまうと、簡単ですが、それぞれに考え方が違うと思います。面接時には男性・女性共にスーツが望ましいでしょう。
ここではごく普通のスーツを選びましょう。色・柄等も派手ではない落ち着いた色を選んでください。ダブルのスーツは威圧感を与えてしまうので避けましょう。もちろん、しわくちゃのヨレヨレだと悪印象です。クリーニングにだすか、なければ新品を購入して面接に臨みましょう。ワイシャツの色はできれば白、ネクタイも落ち着いた色柄を選びましょう。

清潔感のある髪型

髪型については清潔感が必要なのはもちろんですが、派手なカラーリングもあまり好ましくありません。面接時には黒い髪が一番です。茶髪の方は黒に染め直しましょう。また個性的な髪型も不採用となる確立が高くなります。時間に余裕がある方は数日前に散髪することをおすすめします。
面接当日寝坊して寝癖でボサボサ…ってことがないように。

爪先まで綺麗に

女性の方は爪に派手な色のマニキュアは塗らないようにしましょう。塗るとしたらベージュ・薄いピンク・透明などの目立たない色にしましょう。爪がのびている方は短くきりましょう。爪を噛む癖があったり、爪の先が汚れていると不潔に思われます。あなたの爪は清潔ですか。

皮のカバンを用意

面接時にはもちろんカバンを持っていくと思いますが、どんなカバンでもOKというわけではありません。「動きやすいから」「いつも使っているから」という理由でカバンを選んではいけません。まずは取っ手がついたもの、A4の書類が楽に入るサイズ、色は黒か茶色、できれば皮のカバンが望ましいでしょう。高価なものである必要はありません。逆にブランド物で固めていくとかえって不快感を与えてしまうかもしれません。