転職・就職支援講座 履歴書の書き方 [基本編]

就職・転職活動をする上で、必要不可欠なのが「履歴書」です。就職が初めての方も、転職しようと思っている方も、今までに一度は履歴書を書いたことがあるはずです。
証明写真を撮ったり、卒業年度を思い出したりと、なかなか書くのが面倒な履歴書…。だからと言って、とりあえず記入欄を埋めたような魅力のない履歴書を今まで書いていませんか?履歴書は、あなたを企業にアピールする最大の武器なのです。
ここでは、あなたの魅力を活かせる履歴書の書き方を教えます。

履歴書のポイント

まずは用意した履歴書を見て下さい。
履歴書にも色々な書式がありますが、まずは基本として、次の点を確認してみましょう。

1.日付 面接当日の日付を記入
2.ふりがな 「ふりがな」と書いてあればひらがなで、「フリガナ」とあればカタカナで書きましょう。
3.印鑑 印鑑を押す欄があれば、丁寧にまっすぐ押しましょう
4.写真 3ヶ月以内にとった証明写真を貼ってください。
5.住所・電話番号 都道府県名、番地、マンション名、部屋番号、郵便番号、市外局番など略さずに全部書きましょう。
6.学歴 小・中学校は卒業のみ、高校・専門学校・短大・大学は学部専攻まで詳しく記入しましょう。
「同校卒業」や「〃」などの手抜きは厳禁。
7.職歴 アルバイト・パートでの勤務も職歴に記入、「株式会社」「有限会社」等の手抜きは厳禁。
全て書き終わったら最終行は「以上」で締めましょう。
8.免許・資格 持っている免許・資格は全て取得年順に記入しましょう。
9.得意な学科 なるべく具体的に記入しましょう。
10.趣味・特技 担当者が話を振る事も多い項目です。本当に興味のあるものを書きましょう。
11.志望の動機 やる気と熱意を込めて具体的に書きましょう。
12.本人の希望覧 募集職種・勤務地が複数ある場合は記入。勤務開始日など、意思表示をしておきましょう。
13.保護者記入欄 未成年者が仕事をする際には、保護者の許可が必要となります。
必ず保護者に記入してもらって下さい。

入学卒業年度を調べたい方は
入学卒業年度早見表へ

あなたが希望する企業には、あなた以外に面接を受ける方がたくさんいると思って下さい。
他の方より一歩、二歩先へ進む為に、提出書類は念入りに準備しておきましょう。